参戦レース

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

◆ Formula 3 ◆

2013 シリーズ、2014シリーズ 参戦

 F1の2つ下に位置するF3のマシンは、カーボンを使用した非常に軽いシャシーに、2,000ccのエンジン、洗練された空力ボディ、グリップの高いタイヤを装着しています。若いドライバーが高い運転技術を身に着けるための教科書的なパッケージとなっており、 “F1を目指す若手ドライバーの登竜門”と呼ばれています。
 高い存在価値を誇るF3は、ヨーロッパ、アジア、南米など世界各国で長年シリーズ開催されています。日本でも1979年にスタートし、30年以上の歴史を誇るシリーズへと成長しました。同じ車両規則を用いることで、世界各国どのシリーズでも等しくハイレベルなレースが行われています。
 また、2008年より世界共通の現行車両規定に則ったマシン(Cクラス)に加え、旧型のマシンを使用し、ワンメイクエンジンを採用するナショナルクラス(現Nクラス)が新設されました。2012年からは、新旧シャシーにCクラス/Nクラスいずれのエンジンを搭載してもシリーズ参加が可能となり、さらなるシリーズの活性化が図られました。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

◆ Formula Challenge Japan ◆

2010 シリーズ、2011 シリーズ、2012 シリーズ 参戦

 フォーミュラ・チャレンジ・ジャパンは、日本の入門フォーミュラであるスーパーFJとF3の中間を埋めるカテゴリー(ミドルフォーミュラ)であり、2006年にスタートしました。

 スーパーフォーミュラ(2012年まではフォーミュラ・ニッポン)を運営プロモートするJRP(株式会社日本レースプロモーション)が、世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘・育成と、日本のモータースポーツの裾野を広げ将来を支える人材の育成を目的に、大手自動車メーカー各社の協力のもとに立上げ運営プロモートするミドルフォーミュラレースです。

 2,000ccエンジンを搭載し、ダンロップ製タイヤを装着したワンメイクシリーズで、マシンセッティングが事実上禁止されており、基本的にドライバーの腕以外はイコールコンディションです。

 ドライバーの腕が試されるシリーズになっており、シーズンを通した優秀者にはスカラシップ制度が用意されるなど、トップカテゴリーに進むための登竜門的カテゴリーとしての役割を担っています。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

◆ Formula 4 ◆

2011 西日本シリーズ第3戦、2012 東日本シリーズ第4~6戦、2012 JAF GP 参戦

 フォーミュラ4は、当時の入門フォーミュラであるFJ1600とF3の間を埋めるカテゴリーとして1993年に誕生しました。JAF地方選手権として、東日本と西日本の2シリーズで各6戦が開催されます。

 シャシーはF3をベースとした本格的なものですが、主要部品の認定制度や価格規定を採用した結果、コストの低減と同時にイコールコンデション化を実現しました。タイヤはダンロップ製ワンメイク。(2011年まではヨコハマ製ワンメイク)

マシンセッティングがF3同様に自由に出来ることから、ベテランドライバーにとってはノウハウの見せどころであり、若いドライバーにとっては経験の蓄積に大変価値があるカテゴリーとなっています。

 2010年より、カーボンモノコックの採用、排気量の上限アップ、シーケンシャルミッションの採用など車両規則が大幅に変更となり、2011年時点では表彰式のみエンジン排気量によるクラス分け(2,000cc 及び 1,850cc)を行っています。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

◆ Super-FJ ◆

2010 FJ日本一決定戦 参戦

 スーパーFJは、2007よりスタートした次世代入門フォーミュラです。日本の底辺フォーミュラとして開催されてきたFJ1600がシリーズ開始から25年以上経過し、使用中のエンジンが生産中止となってから10数年経過して在庫も底をつくなど、安定的なパーツ配給が困難になったことから、FJ1600の継続カテゴリーとしてスタートしました。

 安全性の向上、ホンダ製1,500ccエンジンの採用、FJ1600では禁止されていた前後ウイングの解禁など、レギュレーションも今後を見据えて見直しを図っています。

 JAF地方選手権として全国のサーキットでシリーズ戦が行われており、年末には日本一決定戦が開催されています。また、シリーズ戦及び日本一決定戦の成績により、次年度F4への参戦費用サポートのスカラシップ制度が設けられています。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

What's New

2014/9/22

ニュースを更新しました

 

2014/8/24

スケジュール&リザルト

更新しました

ニュースを更新しました

 

2014/8/18

ニュースを更新しました

 

2014/7/13

スケジュール&リザルト

更新しました

ニュースを更新しました

 

2014/7/7

ニュースを更新しました